自覚症状がない病

高血圧とは血圧が正常な値よりも異常に高く、その高い状態が長く維持されている状態の事を言います。この血圧の基準は一般的に、最高血圧が140mmHg以上で、最低血圧が90mmHg以上とされています。ただし、降圧薬の投与を受けている人は、値が正常値であっても高血圧だと診断されます。 現在の日本には、血圧が高い人が3000万人以上いるとされており、代表的な生活習慣病だと言われています。 高血圧自体は自覚症状が起きる事はほとんどないです。そのため、定期的に自分の血圧を計測して、状態を確認しておく事が大切になります。 高血圧は自覚症状がないからと放置すると、虚血性心疾患や脳卒中、腎不全等といった病気の原因となる恐れがあります。こうした事態を防ぐためにも、改善や予防に力を入れる事が重要になってきます。

高血圧の改善方法は、起きている原因によって異なります。普段の生活習慣の乱れが原因の場合には、生活習慣を整えたり薬物療法を行なったりします。何かしらの病気の影響で起きている場合には、その病気の治療に力を入れる事になります。ちなみに、高血圧を引き起こす可能性のある病気としては、糖尿病等が有名です。 生活習慣を整える際に、一番のポイントになるのが食事です。高血圧は過度の塩分摂取が特に良くないです。毎日の食事の塩分を控えめにする事が大切です。 また、それ以外にもサプリメントを活用するというのも有効な方法です。高血圧に効果のあるサプリメントとしては、DHAやEPA、タウリン等があります。現在では多くの種類のサプリメントが販売されているので、自分に合ったサプリメントを活用する事が大切です。